日本命理学会とは

 命理学(四柱推命)および奇門遁甲学を、占術としてではなく、 あくまで科学的方法論によって学究する、日本における唯一の学術研究団体であります。
 東京都練馬区石神井台8-13-1に総本部を設置し、日本国内および諸外国に本部、 支部を置き、真の命理学研究とその向上発展、普及に努め、社会にこれを還元することを目的としております。
 本会は、前会長、武田考玄先生が、昭和49年(1974)甲寅年に設立してより、 今年で41年目を迎えました。武田考玄先生は、平成12年庚辰年、12月31日、 2000年最後の日に、20世紀を生き切って他界されました。前会長の意志をついで 現会長池宮秀湖先生が会長に就任され、多くの高弟とともに理事制を引き、さらなる命理学研究、 向上発展に意欲的に取り組んでいます。
 武田考玄先生は、人生50年を賭け命理学、奇門遁甲学他の運命学研究に尽くして来られ、 近代的な理論的整合性ある学問へと発展させ、誰一人としてできなかった体系化への道筋を付けられた、 という偉業を果たされました。
 先生は、会誌『天地人』の創刊号に、
 命理を学ぶ者は“知に対する愛”から始まり、時間と空間の相対性を有機的統一体と認識把握する “人間学”として学び、“命は変えられる”ものであることを身を持って証明し、命理・遁甲による “時空のスペシャリスト”として、肉親はいうに及ばず、幸福を願う多くの人々に還元していくべき 使命感を持たなければならない。社会を構成する一員として、命理家としての責任の重さは非常に大 なるもの、と覚悟しなければならない。そして、組織は力ではなく、信頼と責任と向上意識である。 と、人としての生き方を問い続けられました。
 日本命理学会は、このような創立の精神に基づき、命理学のさらなる向上発展と、 社会的還元の活動を行っております。

前会長略歴

武田考玄の略歴
武田考玄の写真

現会長略歴

池宮秀湖

 昭和7年1月26日午前11時30分頃、長野県に生まれる。 昭和41年日本命理学会、前会長武田考玄先生に師事。『四柱推命学詳義』全10巻を修了し、 「奇門遁甲」「命理姓名」「現代の家相」「命理学漢方」等々を学び、昭和57年日本命理学会 会員となり、平成3年師範となる。以後、後進の育成および実審により、多くの方々の助言に当たっている。
著書に『色彩分布図による 最新 四柱推命』『運命を切り開くための四柱推命学入門』がある。